採用担当者より

「新潟の可能性と未来をつなぐ------タスキ-----」
 
 
 新聞社の仕事はよく「駅伝」にたとえられます。-----記者が取材をして、記事を書く、記事に見出しをつけて新聞のレイアウトを考える。紙面データは印刷工場に送られて「新聞」という商品に形を変えて、販売店から読者の手元に届けられる-----一人ひとりの思いが「新聞」というタスキに込められているのです。
 
 ネット全盛の時代。活字離れ、新聞離れと言われて久しいですが、私たち新潟日報社の最大の特徴はどのメディアよりも勝る「信頼性」、そして「新潟愛」にあると思っています。また、「地域」というフィルターで日本や、世界を考えることや、逆に「世界や日本」という立ち位置から地域を見つめなおす、言わば「虫の目」と「鳥の目」を併せ持つところです。
 
 新潟日報社は創業から140年を迎えました。先人の「思い」という「タスキ」を脈々と受け継いできたと言えます。ときには厳しく、苦しい仕事もありますが、好奇心に満ち、挑戦を恐れず、新潟のためなら多少の困難も厭わない…そんな方を待っています。新潟の可能性と未来を私たちとともにつないで行きましょう。