本文へ移動

整理部/中村 充孝

整理部 中村 充孝
 
2016年入社/長野県長野市出身
本社整理部(現職)

現在のお仕事内容を教えて下さい。

 整理部は、紙面編集の要を担う部署です。記事の中で「一番伝えたいこと」、これをひと目見た瞬間、分かるように見出しを付け、ニュースの発信力を高めます。報道部などから送られてくる膨大な量の原稿を捌き、その見出しと原稿をより見やすくするためにレイアウトを工夫し、効果的な写真やグラフを付けて、紙面を組み立てていきます。
 ニュースが飛び込んでくれば、瞬時に反応しなければならないため、日々の研鑽がとても大切です。

入社してから一番大変だったことは何ですか?また、どのようにして乗り越えましたか?

 整理の仕事に「正解」はありません。「一番大変」は毎日あると言っても過言ではありません。特に、見出しには難儀します。
 私が「伝わる」と思っても、デスクや他の人のチェックでは十分に伝わらないことも度々。そんな時は、まず自分の足りない部分を受け入れること。その上で、デスクと自分の見出しを突き合わせて「より良い言葉はなかったか」など、次に向けて反省します。
 一つ一つの積み重ねが困難を乗り越える近道になります。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

 読者に「分かりやすい」紙面作りを心掛けています。見出しはそれぞれの面に相応しい言葉が必要です。
 例えば政治や経済などの硬いニュースでは「何が」「いつ」「どうなったか」という端的な情報を、スポーツの記事であれば、勝ち敗けだけではなく、「どう勝ったのか」「なぜ負けたのか」というように、「試合内容や臨場感」が伝わるような見出しを付けています。それに合わせて読者が「見たい!」と思うような写真を選んでいます。

リフレッシュ方法や休日の過ごし方を教えてください。

 私はスキーが趣味で、シーズンに入ると県内外のスキー場に出かけて、思う存分滑り込みます。天候や雪質が刻一刻と変化する中、大自然と向き合い、斜面を攻略することがスキーの醍醐味です。1日中滑ったら、温泉で疲れを癒やします。これぞまさしく極楽気分。
 スキーシーズン以外は、トレーニングやランニングで体力作りをしています。その他、晴れの日は旅行や気ままにドライブ、雨の日は読書や映画鑑賞などで気分転換しています。

応募を考えている方にメッセージをお願いします!

 『彼を知り己を知れば百戦殆うからず』。孫子兵法にもあるように、「自分が出来ること」「自分が大切にしていること」「会社に入ってやりたいこと」の3つを明確にすることが大事です。この3つを軸に据えれば、進むべき道は自ずと見えてくるはずです。道が見え始めたら情報収集。やり方は十人十色ですが、自分に合った方法が必ずあります。
 最後に、就職活動は体力勝負です。無理せず体調管理には十分に気をつけて臨んでください。
TOPへ戻る