本文へ移動

広告

広告主と読者を結び「豊かな明日」を提案

 新聞において、広告は記事と同様に欠くことのできない情報です。広告主のニーズに合わせて新聞本紙、フリーペーパー、雑誌などの紙面広告だけでなく、時代にあわせたweb広告も展開しています。ほかにも読者と広告主を結ぶ場として、講演会やシンポジウム、展示会などのイベントを開催することもあります。防災や震災復興、新型ウイルス禍からの支援など公共性の高いテーマにも積極的に取り組み、読者参加型のキャンペーンは大きな話題を呼んでいます。

東京支社業務部(広告担当)/本多 瑞穂

 東京支社で広告営業の仕事をしています。新聞の記事下広告や広告キャンペーンの提案、イベントの企画・運営など多岐にわたります。入社2年目には、県民と一緒に観光冊子を作るプロジェクトや私立高校の進学フェアなど、ゼロベースから企画を生み出す経験をしました。企画に賛同し参加してくれたクライアントや読者が喜んでくれたとき、とてもやりがいを感じます。新潟日報は多くの方に読まれていて、影響力はとても大きい。自分の仕事がクライアントや社会の役に立つのかを常に意識しています。
TOPへ戻る