本文へ移動

インタビュー 広告部/五十嵐 純

広告部 五十嵐 純
2018年入社/前職・編集職
 

入社のきっかけを教えてください。

 以前はコミュニティFM放送局で働いていました。働いているうちに「メディアの力で大好きな新潟をさらに盛り上げたい!」と思うようになり、大きな規模で仕事ができる新潟日報社への転職を決意しました。

今はどんな仕事をしていますか?

 広告営業です。朝刊やフリーペーパー「assh(アッシュ)」、情報紙「おとなプラス」などの自社媒体はもちろん、クライアントの要望にあわせてWEB媒体やイベントも提案します。阿賀野市と阿賀町、五泉市、福島県が担当エリアです。業種や立場に関わらずいろいろな方とお会いできるがこの仕事の魅力です。

入社前と入社後で、会社や仕事内容へのイメージは変わりましたか?

 歴史のある会社なので「堅い雰囲気なのでは?」という不安がありましたが、明るい職場でイメージが変わりました。愉快で頼りになる先輩たちもたくさんいるので、困ったことがあっても相談しやすいです。ある程度自分のペースで仕事を進められるので、やりたいと思ったらチャレンジできる環境だと思います。

未経験でも大丈夫?

 知識や経験があるに越したことはないですが、未経験でも大丈夫です。クライアントと課題を共有し、解決していく方法を見つけていく熱意が大事だと思います。扱うテーマやジャンルが広いので、思わぬところで前職の経験や人脈が生きてくることもあって面白いですね。
TOPへ戻る